【包交車】働きやすい医療現場に整える

MEDICAL

外科病棟において、包帯交換や創処置は日常的な看護業務の一つです。医師による包帯交換や創処置の際には、包交車を押して病室に向かい、診察補助を行います。
包交車には、診察に使う衛生材料や医療器具など必要なものは全て収納されています。

みなさんの使っている包交車は使いやすく整理されていますか?
私が以前働いていた病院では、包交車にはたくさんの物品が搭載されていました。新人の頃、物が煩雑に置かれていたために、医師に言われた物品を取り出すのに時間がかかり、焦った経験があります。
包交車には様々な物品を収納しなければなりませんが、整理整頓されていないと、スムーズな診察補助を行うことができません。
では、どうすれば診察の介助をスムーズに行えるようになるでしょうか。この記事では使いやすい包交車について考えていきます。

包交車とは

楽天市場様より画像をお借りしました。

包交とは包帯交換の略称で、包帯交換をする際に必要な衛生材料や医療器具が搭載されているワゴンもしくはカートのことを包交車と呼びます。包交車は患者さんの病室へ持ち運び、医師とともに褥瘡や開放創、術後のガーゼ交換といった様々な創処置に使用されます。
創処置では清潔と不潔の区分が曖昧であると、包交車が汚染するリスクがあります。汚染されてしまうと、患者さんから患者さんへMRSAなどの感染症が伝搬される危険性があります。最近では衛生材料が単包化され、必要なものだけをベッドサイドに持って行って処置し、包交車を廃止する病院もあります。

包交車に収納されているもの

包交車は病棟によって、搭載されている医療物品、衛生材料が異なります。ここでは一般的によく搭載されている物の例をあげます。

よく搭載されているもの

軟膏類・絆創膏・テープ類・包帯・手袋・エプロン・ゴーグル・膿盆・フィルム剤・ドレッシング剤・処置シート・ビニール袋・鑷子・剪刀・消毒薬・手指消毒剤・綿球・アルコール綿・生理食塩水・針捨て容器・舌圧子・スピッツ・カテーテル・はさみ など

あまり搭載されなくなったもの

鑷子たて・消毒薬入りの万能薬・ガーゼ缶

このような物品を置いている病院もあるかと思います。
しかしながら、鑷子やガーゼは滅菌され個包装されたり、消毒液や綿球も個別包装で必要な分だけ使用するように変わってきています。そのため、上記のような物品を使わない病院もあります。

包交車の収納例

包交車は上記の写真のように上段・中段・下段と分かれています。
上から、清潔、準清潔、不潔とエリアが分かれていてエリアに応じた物品が収納されています。

上段…滅菌された物品、衛生材料類

中段…手袋やエプロンといった防護類、処置シート、包帯など

下段…針捨て容器・膿盆

包交車の収納でのお困りごと

台の上が物であふれている

みなさんの使っている包交車の上段には、物が置かれていませんか?
よく使う物品を、上段に積んでいる包交車は多くみられるかと思います。
滅菌された衛生材料や医療器具が、通行の多い開放された廊下などで保管されていると、水濡れや埃で汚染する可能性が考えられます。
また、収納されている物品が多すぎると、欲しいものが取り出しにくく、使いにくさの原因のひとつになります。
物で溢れてしまい、清掃しにくい環境は、細菌が繁殖し感染源となる危険性も考えられます。

引き出しの中に物がたくさん詰まっている

収納トレイに満杯まで収納してしまうと、必要なものを探し出すのに時間がかかってしまいます。
医師の診察介助につく際、物品を取り出すのに手間取ってしまうと、スムーズな治療が行えなくなります。また満杯まで収納してしまうと、滅菌された袋は紙でできているため、破れて使えなくなることもあります。

引き出し内が紙の箱で区切られている

引き出しの中は様々な種類の衛生材料を保管するために、仕切りやトレイで区切り収納しているかと思います。その際に、空いた紙箱を仕切りに使っている病棟は多いのではないでしょうか。
紙箱は、洗うことができないため、埃や雑菌が繁殖し汚染される危険性があります。コストをかけずに使うことができますが、注意が必要です。

清潔と不潔のエリアが混在する

滅菌された物品が台の上に置かれていると、水に濡れたり埃がついたりと、汚染の危険性があります。汚染された滅菌物は不潔になるため、使用することができなくなります。
使用した医療器具やゴミ袋が、包交車の上に置きっぱなしになっている場面もしばしば見かけます。
創処置は体液や血液が付着しているため、使用した医療器具、処置したあとのゴミは感染性廃棄物として扱う必要があります。

包交車を働きやすく整える

台の上には物を置かない

感染予防のため、上段には物を置かないようにします。物がないことで清掃しやすくなり、清潔な状態を維持しやすくなります。作業する前後で包交車をアルコール綿などで消毒すると感染予防ひつながります。また、滅菌物は引き出しに収納し、その他は包交車のサイドのスペースを生かして収納しましょう。

引き出し内はプラスチック容器で区切る

衛生材料を紙の空箱で保管すると、埃や雑菌が繁殖しやすいため、使用は控えましょう。一度紙で仮置きをして、その後、似たような大きさのプラスティック容器を購入するとスムーズです。
プラスチック容器は洗浄やアルコール消毒もできるため、清潔を保持することができます。このように同じ種類の物品を容器に入れて保管することで、引き出し内が見やすくなり、スッキリとした印象になります。また、引き出し内は、よく使うものは手前に、あまり使わないものは奥に収納すると使いやすくなります。

滅菌された物品は引き出しの中に収納する

滅菌物品は、水で濡れたり埃で汚染したりしないように、引き出しの中に収納して管理します。
また、詰め込みすぎてパッケージが破損し、滅菌が破綻しないように、在庫を多く持ち過ぎないようにします。適正量がどの程度かを検討してみてください。
滅菌期限も定期的に確認しましょう。期限が近いものは手前に収納し、物品補充の際は新しいものは奥に収納すると、期限切れを防止することができます。

滅菌物がバラバラにならないように、同じ種類のものを輪ゴムでまとめて保管されているものを見たことがありますが、輪ゴムでとめることで袋が破れてしまうことがあります。

破損に気づかずに使ってしまうと良くないので、輪ゴムでまとめるよりは、プラスティック容器で仕切る方法をおすすめします。

必要な分だけ収納する

包交車は、収納できるスペースは限られています。
使用頻度を考慮し、定数を決めましょう。定数を決めてラベリング表記することで、誰でもわかりやすく物品の補充がしやすくなります。物品の定数と収納場所を写真で表記したものを包交車に吊るしておくと、なおわかりやすく物品補充でき、包交車内の整理整頓につながります。
整理整頓を行うことで、包交車内がスッキリし、物が見つけやすくなることで、スムーズに治療の介助を行えるようになります。

包交車のサイドスペースを活用する

包交車は収納スペースが限られており、引き出し内に必要物品が全て収まらないかもしれません。そんな時は、包交車のサイドスペースにカゴを設置し、収納スペースをさらに確保することができます。手袋やエプロンやゴーグルといった防護具や消毒液など、どの患者さんでもよく使う物品を搭載していると便利です。
また、ゴミ用のビニール袋や処置シートのロールを吊り下げておくと、取り出しやすくて便利です。一方で、カゴをつけすぎると包交車の横幅が広がり、ベッドサイドでの移動がしにくくなるので、ベッドサイドを通れるだけの横幅になるように注意してください。

薬剤を適切に管理する

軟膏類や消毒液などは開封日を記載し、管理します。古くなっている薬剤や汚染された場合は破棄しましょう。

薬品によって、開封後の使用期限が異なります。
すべて覚えるのは大変なので、一覧にしてラミネートしたものを包交車に吊り下げておくと便利ですよ。

清潔と不潔のエリアを分けよう

包交車内は、清潔・準清潔・不潔エリアに応じた物品を配置します。
使い終わった医療器具や処置の際にでたゴミは、不潔扱いとなります。ビニールにまとめ、ごみは感染性廃棄物として扱い、医療器具は再滅菌する必要があります。包交車の一番下段である不潔エリアに置き、すみやかに処理しましょう。

床上30㎝以内は不潔領域になるため、医療物品を収納しないようにしましょうね。

まとめ

今回は働きやすい包交車の収納についてまとめました。

働きやすい包交車に整えるポイント
  • 包交車の最上段には物を置かない
  • 引き出し内はプラスチック容器で区切る
  • 滅菌された物品は引き出しの中に収納する
  • 必要な分だけ収納する
  • 包交車のサイドスペースを活用する
  • 薬剤を適切に管理する
  • 清潔と不潔のエリアを分けよう

急性期病棟では、なじみ深い包交車。整理整頓され、使いやすい包交車になると、診療補助やガーゼ交換がスムーズに行えるようになります。そして、包交車の環境を整えることは、患者さんの安全を守る感染予防にもつながります。普段見直す機会のなかった包交車の環境を一度整えてみてはいかかでしょうか。

MEDICAL
M O C A|一社プロジェネラリストナース協会

コメント

タイトルとURLをコピーしました